ミートポイントについて


ミートポイントとは投げてきたボールに対し
『一番力が入るポイント』だと思います。


形で言うと右バッターの場合

左腕・・・伸びた状態
右腕・・・肘が少し曲がった状態

がミートポイントですね。

よく両腕が伸びた場所がポイントともいわれますが
これはボールがバットから離れていった後の状態です。

後ろの腕が曲がった状態でボールとバットが当たり
そこから後ろの腕が伸びてきて「押し込み」ます。
そしてボールがバットから離れていきます。

このイメージがあると強烈な打球がうてるのです。


そしてこのミートポイントの練習なんですが
ティーバッティングで覚えていくと思います。

しかしいつものティーバッティングでは
斜め前から投げてこられるため
少しミートポイントがずれているんです。

もっというと斜め前からくるボールに対して
打ちに行くため、バッティングフォームも
少しずれてくるのです。

ミートポイントを自分のバッティングフォームで
しっかり覚えるための練習です。

斜め前から投げてもらうのではなく
ミートポイントの真上から
ボールを落としてもらいましょう。

このとき、体の割れやトップをあらかじめ作っておきます。
そしてボールが離れるところを集中して見ておきます。

離れたらテイクバックはとらずに
そのまま一気に打ちに行きましょう。

下からすくい上げずに、上から叩くということに
注意しましょう。

相手のタイミングでボールが落ちてくるため
かなり集中しないと打てません。

最初は落とす時に「はい」など
声をかけてもらうのもいいでしょう。

この練習方法でミートポイントをしっかり覚え
集中力や瞬発力も身に付けていきましょう。


この練習について動画もあるので
参考にしてください。

https://www.youtube.com/watch?v=Dm4iQZw_Otg