野球上達のポイント


野球が上手い人と下手な人
いったいどこが違うのでしょうか??

ピッチング、バッティング、守備、走塁と
野球にはいろんな要素があり一人一人の
個性があります。

その中で共通して言えることがあります。

それは『こだわり』があるということです。
ここが上手い人と下手な人の差になってきます。

大きく大胆なイメージの強打者ほど・・・
強く熱く、冷静な好投手ほど・・・

実はとても『こだわり』が強いのです。


『こだわり』とは?

野球に共通する「こだわり」とはなんでしょうか?

・自分の打ち方を貫く
・勝手な練習をする

というのは「こだわり」ではありません。
それはただの「わがまま」です。

「こだわり」と「わがまま」を間違えてはいけません。

私が思う「こだわり」とは
まずはグラブ、バット、スパイクなどの
道具の手入れだと思います。

いろんな野球の上達法をとり入れるのも大事なのですが
道具のお手入れをまずマスターしてみましょう。

マスターし道具に対して
自分なりの「こだわり」を見つけましょう。


お子さんには道具のお手入れが野球上達法だと言っても
理解するまでに時間がかかると思います。

ましてや野球を始めたばかりの子供は
グラブが手に馴染んでくる感覚や
革がへたってくるという感覚も
分かりにくいはずです。

始めは何となくでも大切にすることから始めましょう。

経験とともに野球上達法であることを
理解してもらうと良いかもしれません。