硬式と軟式の違い


硬球は名前の通りボールが硬いです。

それに対し軟球はゴムでできており中は空洞で柔らかく
打った瞬間にボールがつぶれ
ボールにかかるスピンが硬球より激しくなります。

軟球ではダウンスイングしてもミートしたとき
ボールの下になると硬球じゃファールになる球であっても
つぶれが激しいためにフライになってしまうのです。

軟球でライナーの打球を打つのであれば
ボールに対して直角に打つように心がけましょう。



分かりやすい比べ方として

・硬式では力がないと重くて打球がとばない
・軟式では力がなくてもある程度飛ぶ

と思っていてもいいと思います。


力があり過ぎると球が変形して飛びません。
ある程度の技術や力が付いてくると
軟式よりも硬式のほうが力を発揮することができます。


また
軟式はバットの根元でも外野までは飛ばすことができます。
硬式は芯に当たらないと飛距離はでません。

硬式は上からたたけばスピンがかかり
ボールも良く飛ぶのです。
軟式と硬式は打ち方が違うといえど
スイングの基本は一緒だと思います。

大事なのはタイミングや
ボールを良く見ることです。