010337
PL
学園野球部監督について



プロ野球選手も多く排出している、名門PL学園ですが

不祥事などで監督がやめることになり

今回の大会にはなんと校長先生が監督として

ベンチに入っているそうです。



次の監督が決まらないという事なのですが

不祥事問題の原因でもある寮生活の改善ということで

決まらないというのがあると思います。


1年生が3年生の洗濯や夜食、練習の手伝いなどの

お世話するという習慣があるそうです。


このような上下関係があるため

不祥事が起こるとされています。



これを改善しようと校長先生が立ち上がり

訴えているのですが次の監督は

校長先生と監督の二人三脚で

野球部を改善しなければならない為

見つからないというのも事実だと思います。


野球部の厳しい上下関係は社会に出ても

縦社会であるため先輩後輩というなかでの

礼儀もできているといわれます。


このように厳しい上下関係があっていい

とも言われているのですが

過剰になりすぎている上下関係は

いじめなどの原因にもなります。


上下関係がなさすぎるというのも

けじめなどがなくなり友達同士の

集まりという感じになります。


強いチームにはなりにくいとも言えるでしょう。


どのスポーツでもスポーツ以外でも

程よい上下関係があり

しかし言いたいことは先輩後輩関係なく

何でも言えるというチームにしていきたいですね。