youtube1
ピッチャーはコントロール?スピード?


コントロールがいいピッチャーがいいのか
または、スピードが速いピッチャーがいいのか

これはどちらがいいのでしょうか?

この質問は答えられないのが事実です。

それはその選手一人一人考え方も違えば、課題も違うため
答えることができません。



またこの質問は極端すぎるということもあります。

1、コントロールが抜群にいいがスピードが遅いピッチャー
2、スピードなら誰も打てないような球を投げるが
ストライクが取れるかわからないピッチャー

という極端な質問になっています。

1の選手だと試合の時打たれるかもしれませんが
フォアボールがない為試合のリズムがとれまとまった試合になるでしょう。

2の選手だとフォアボール連発で自滅するか
誰も打てず勢いに乗り攻撃につなげれるかになりますね
コントロールがつけばと楽しみな選手でもあります。
しかし肩や肘などの故障も多いのではないでしょうか。

このようにどちらにもメリット、デメリットがあります。

そして目指すのは
コントロールも良くスピードのある球を投げられる選手になることです。

どちらものばしていくのです


自分に合ったしっかりしたピッチングフォームを身に付けると
コントロールもスピードのある球も投げられるのです。

毎回キレイなピッチングフォームで投げられるようになると
ボールは同じ所にしか行きません。

コントロールが良くなるということです

そして同じフォームで投げる為にも
キャッチボール、遠投、ピッチングと
かなり投げ込むことになるので勝手に投げる筋力もついてきます。

とくに遠投などでフォームを気にしながら投げていると
肩が強くなってきますね。
これによりスピードも速くなってくるのです。


このようにピッチャーにとって
スピードもコントロールも大事で
それにはピッチングフォームをよくすることが
一番いいことなのです。