MS251_netura500-thumb-750x500-2665


野球で結果を出す為にはメンタルがとても大きく関わってきます。

メンタル8割、実力2割といってもいいぐらい
メンタルというものは重要になってきます。

あらゆるスポーツの中で野球は一番頭を使うスポーツです。

サッカーやテニス、バスケットなどはボールが動いている時間が長く
選手も常に動いています。
なので、瞬時の判断が主になります。

しかし野球はピッチャーが投げる一球ごとに試合は止まり
一球ごとに作戦が変わる為、選手はこの一球ごとに
考えて行動しなければなりません。

この止まっている時間、考える時間があるので
そこから生まれる緊張が高まります。

ここで自分のメンタルをどのようにコントロールするかによって
結果が大きく変わってくるのです。


例えば・・・

ノーアウト1塁でバントのサインが出ました。

この場面で失敗する人の多くは

「バントのサインが出た。どうしよう・・・」
「もしミスしたら最悪ゲッツー」
「成功させないと怒られる」

とマイナスなことばかり考えています。

そしてもう1つ、サインが出る前から

「バントは嫌だなー」

と思っているのです。


これでは成功しません。

ノーアウトで前のバッターが塁に出た瞬間には
「よし、バント決めてランナーを送るぞ」
「上手く転がせば自分もセーフでノーアウト1,2塁にしてやる」

と思っている選手とでは成功する確率が違いすぎます。


プラス思考で考えることの大切さが一番わかる場面でしょう。

バントでもう一つプラスの考え方があります。

バントが成功すると自分がアウトになっても
「打数」には計算されない為「打率」は下がりません。
むしろ自分もセーフになるとヒットと同じであるので
「打率」はあがるのです。

いいことしかありません。

バントをするといいう同じ場面でも
このように色々な考え方があり
プラスにもマイナスにも考えることができます。

ぜひメンタル面もトレーニングし
常にプラス思考でいれるようになりましょう。